生命環境科学コース

「生きものがすき」「化学のチカラで環境を守りたい」という思いを持つ方に向けた、環境にやさしい技術を学ぶコースです。

コースの特長

1 生命?食品と環境化学を軸にカリキュラムを展開
生命?食品と環境化学。これら2つの領域を軸としてカリキュラムを展開。バイオテクノロジー、食品製造?食品衛生管理、医薬品製造、生物調査などの専門性を修得する「生命?食品分野」、環境の分析や保全、食品プラントや化学プラントの開発?管理などの専門性を修得する「環境化学分野」を設置しています。
2 企業と同等の製造設備を使った体験型学習
本コースでは、ものづくりを通じた体験型学習にも力を入れています。学内には、企業が使用しているものと同等の「チーズ製造設備」「ビール製造設備」を設置。製造プロセスを体感することで講義での知識を生きたものにするとともに、共同作業によって連携の大切さや協調性などを育みます。
3 所定の単位を取得することで卒業と同時に、食品衛生管理者?監視員の国家資格が取得可能
国家資格である食品衛生管理者と食品衛生監視員 の養成施設として認定されており、卒業と同時に資格を取得できます。その他、環境計量士(濃度関係)や公害防止管理者、バイオ技術者など、本コースに関連した資格の取得に向けてサポートしています。

学びの系統

生命?食品分野
生命科学、食品科学系の科目を中心に学び、それらを基礎とした 環境?生物?食品について科学的に理解し、バイオテクノロジー、自然環境保全、食品製造等の幅広い分野に対応する専門知識 を身につけます。食品、バイオテクノロジー利用による医薬品などの製造業や自然環境調査等で活躍できる技術者を目指します。

環境化学分野
環境化学、環境工学、化学工学系の科目を中心に学び、環境保全に関わる化学プロセス等を科学的に理解し、環境分析、環境負荷の少ないものづくり等に必要な専門知識を身につけます。士壌、水界、大気の化学分析、浄化システムの開発、プラント製造等の幅広い業界で活躍できる技術者を目指します。 

想定される将来の活躍フィールド

環境?環境分析分野 化学?設備分野 バイオ?製薬分野 食品衛生?品質管理分野 食品製造?開発分野 公務員?教育関連分野 工業科教諭(高校)

資格取得

所定の単位を取得し卒業と同時に得られる資格
食品衛生管理者 食品衛生監視員
高等学校教諭一種免許状(工業)
卒業と同時に、または所定の単位を取得して在学中に受験資格を得られる資格
危険物取扱者(甲種)
在学中の取得を支援する主な資格
バイオ技術者(中?上級) 公害防止管理者(水質関係) 環境測定分析士(3級) 危険物取扱者(乙?丙種)